東武鉄道 特急スペーシア(けごん・きぬ)乗車記 浅草から日光へ!個室、ビュッフェが快適、割引は?

観光列車のような東武鉄道 特急スペーシア

浅草から東武日光へ行く「けごん」鬼怒川温泉へ行く「きぬ」があり、2時間程度で結んでいます。「スペーシア」が車両の愛称、「けごん」「きぬ」が列車名で、ちょっとわかりにくいですね。

railway.tobu.co.jp

f:id:rail-miler:20200115112740j:plain

浅草駅の特急スペーシア(けごん)

 

運賃・料金、割引は?

運賃は浅草~東武日光で1390円(ICなら1383円)

特急料金は曜日や時間帯で差があり、平日1360円、土休日1470円です。

特定の列車が安くなる午後割夜割の特急料金が1050円です。

利用額は運賃と特急料金の合計なので例えば土休日は2860円です。

浅草~東武日光135.5kmの運賃料金合計として考えるとJRと比較すれば割安に感じます。

railway.tobu.co.jp

残念ながらネットで早期に予約で割引のような企画はありませんが、そもそもの定価がJRよりも割安な設定ですので、十分に満足できます。

特定の時間帯の特急料金が安くなる午後割夜割が1050円と、土休日なら420円安くなります。例えば土休日の東武日光17:23発のけごん44号は対象外ですが、次の18:11発けごん46号は対象になります。1本ずらせば割引になるような場合、予定が許せば検討しても良いかと思います。

多少手間がかかりますが、金券ショップや通販、オークション等で東武鉄道の「株主優待乗車証」を入手して利用するとお得です。株主以外の人が使っても全く問題ありません。時期や購入箇所によって価格差がありますが、私は1枚850円で入手して利用しました。この券は乗車券として東武線内有効なので、別に特急券を購入する必要があります。夫婦2人で浅草~東武日光を往復したら普通にSuicaPASMOで乗るより合計2132円もお得になりました。

f:id:rail-miler:20200115142808j:plain

東武鉄道 株主優待乗車証

JR沿線からなら北千住乗り換えが便利!

JR常磐線北千住駅で乗り換えができるのでJRから乗り換えるなら浅草よりも北千住の方が便利なケースが多いと思います。東京から18分ぐらい、上野から11分ぐらいです。

新宿からJR~東武乗り入れの「スペーシア日光」「スペーシアきぬがわ」は浅草とほぼ同じ距離なのですが、会社をまたぐため割高になるので、時間と価格をよく比較して利用することをおススメします。(えきねっとで割引がある期間もあります。)

 

個室の紹介 絶対おススメ!

特急スペーシアには日本の鉄道では珍しくなった4名定員の「個室」があります。えー?高いんでしょ?と思われるかも知れませんが、乗車する人数分の特急料金とは別に1室につき平日3150円土休日3770円追加で利用できるんです!1人でも2人でも利用可能です。JRの個室に比べて破格の安さなんです。

ちなみにJR線に乗り入れる新宿発着のスペーシアもありますが、こちらは個室料金が1室6300円とかなり高くなります。考え方として東武鉄道の個室料金とJRの個室料金を合計2回払うような感じで割高になるんです。なのでおススメは浅草発着、東武線内のみでの利用です。

個室のある6号車は運転席のある車両ですが、1室4人が6室で24名定員、一方、反対側の運転席がある1号車の定員が44名。大雑把ですが、普通席の倍近くの専有面積があるのに平日なら1室わずか3150円の追加で済みます。

f:id:rail-miler:20200115122541j:plain

特急スペーシア 個室

f:id:rail-miler:20200115122611j:plain

特急スペーシア 個室車両の通路

個室車両の通路は、いまはほぼ壊滅状態となった寝台列車を思い出させる雰囲気です。 また、個室の室内には普通席にはないコンセントの設備があるので移動中の充電も可能です。

f:id:rail-miler:20200115123111j:plain

室内にはコンセントも!

 個室の予約方法ですが、普通席はネットで予約・購入できますが、個室はネット予約ができません。東武沿線に住んでいるなら1か月前から東武鉄道の駅で購入できますが、遠方に住んでいるとわざわざ旅行会社の店頭まで行って手数料を払って手配するしかありません。

電話予約もありますが、予約日から7日以内(予約日が1日目とカウント)に東武鉄道の駅か東武トップツアーズで購入しないと自動取消されてしまいます。ただし、乗車日から7日前以降の予約であれば列車発車の15分前までの購入で良いので私たちは乗車7日前に電話予約して、当日駅で購入にしました。土曜日朝の浅草発や日曜日午後の日光発のように混雑する列車でなければおおむねこの方法で行けるのではないかと思います。電話予約の欠点は座席(部屋)番号の指定ができないことですが、個室ならそこまでこだわる必要はないかと思います。個室に空きがあるかの空席照会は東武鉄道のサイトで可能です。

空席情報

なお、東武鉄道の駅ではクレジットカードが利用できないので注意が必要です。

注:東武鉄道では「予約」は入金がまだで、乗車の権利の確保だけした状態(席の指定は不可)、「購入」は入金が完了して座席の指定も完了した状態を指します。

 

普通席でもゆったり広々のシート

f:id:rail-miler:20200115132528j:plain

特急スペーシア 広々快適なシート!

特急スペーシアは全席指定。普通席でもJRの指定席よりも広々としたシートで快適です。ただし、コンセントはありません。

なお、JRのように自由席や立席特急券の制度はないので満席の場合は乗車できません。

車内改札は購入済の指定の席に座っていたら基本的に省略されます。

 

販売カウンター(売店・ビュッフェ)

f:id:rail-miler:20200115133929j:plain

特急スペーシア 3号車の販売カウンター(売店・ビュッフェ)

3号車にはいまや日本の鉄道では観光列車ぐらいでしか見かけなくなった販売カウンター(ビュッフェ、売店)が健在です。 列車の車内で生ビール(560円)が買える貴重な列車です!車内で飲む冷たい生ビールは格別ですので、缶ビールを持ち込むのでなく、車内で購入することをおススメします。

なお、車内販売へワゴンで回っているときは、一時閉店となります。

JR線に乗り入れる「スペーシア日光」「スペーシアきぬがわ」では営業していませんので、せっかく乗車するなら浅草発着の東武線がおススメです。

車内販売 | 事業紹介 | 東武商事株式会社 - 東武グループ

 

さいごに

2時間程度の短距離でありながら、ゆったりとしたシートや、個室、車内販売、売店など、観光列車のような豪華な設備を誇る特急スペーシア。初めて利用しましたが、とても気に入りました。効率重視でサービスが次々に縮小されていく列車が多いなか、一昔前の楽しい鉄道旅行が体験できる魅力的な列車で日光や鬼怒川温泉への旅を楽しんでください。