ANA国際線機材78Mプレミアムクラス搭乗記(福岡→新千歳)

国際線機材78Mプレミアムクラスに搭乗

f:id:rail-miler:20210707161741j:plain

コロナ禍になってから突如として国内線に現れた「78M」!

www.ana.co.jp

B787-8、本来は近距離の国際線機材ですが、国内線で乗る機会が増えてきました。特徴は何といってもプレミアムクラスの設定が42席もあること!

プレミアムクラスの座席はビジネスクラスの座席なので国内線のプレミアムクラスの座席よりもゆったり感があります。国際線ビジネスクラスでなら「ハズレ」と思われるこの座席も国内線プレミアムクラスとしてなら「アタリ」と思えます。

プレミアムクラスは長距離線ではステイタス修行をする人で、ビジネス路線ではアップグレードポイントで乗るビジネスマンの需要が高く、前々日からできる格安運賃や特典航空券からのアップグレードは難しいことが多いのですが、78Mなら座席数が多いので可能性が高くなります。

空席はあっても呑み鉄たこちゃんのように夫婦で並びで座れないならアップグレードしない人にとっては座席数が多いので並びでアップグレードできる確率が高くなるのも嬉しい点です。

f:id:rail-miler:20210707172103j:plain

国際線機材なのでシートモニターがあり、動画やフライトマップが楽しめます。さすがに映画を見る時間はありませんが、フライトマップを表示させておくだけで楽しいものです。

f:id:rail-miler:20210707163106j:plain
f:id:rail-miler:20210707163127j:plain

コンセントの形や壁の封印に国際線の雰囲気を感じることができますね。

f:id:rail-miler:20210707163358j:plain
f:id:rail-miler:20210707163423j:plain



アップグレードも心理戦?

搭乗したのは福岡発新千歳行き289便。10時50分発で13時15分着と、2時間25分の時間があり、羽田~新千歳線と比べると時間的余裕があり、事前アップグレード料金を14000円払ったとしてもまあまあ長く乗れるので満足感があります。ただ、羽田線と違って機内食が食器ではなくお弁当箱となるのでその点はマイナス。

呑み鉄たこちゃんはアップグレードポイントが1回分しかなかったので1人がポイントで、1人が料金を払ってアップグレードしました。元々の格安航空券(スーパーバリュー75)の予約が夫婦で一緒だったのですが、アップグレードの支払い方法が違うので電話して予約を別々に分けてもらいました。

普通席は気の毒なほどにガラガラで、普通席でもいいかな?とも考えましたが、せっかくの国際線機材なのでアップグレードしました。スクショは搭乗直前のシートマップ。普通席がガラガラなのに結構な搭乗率!見事におひとりさまばかりで、タイミングが悪ければ空席はあっても夫婦で並びで座れなくてアップグレードできなかったかも?

f:id:rail-miler:20210707165026p:plain

(出典:ANA)

機内食で国際線気分?

この便は昼食の時間帯なので食事の提供がありました。機内食は原則として前の席から配られるので前方席がよかったのですが、あいにく後方しか指定できませんでした。それでもほとんどがおひとりさまで、搭乗率は半分強なので機内食の待ち時間にはさほどストレスは感じませんでした。

こちらが機内食です。羽田線のメニューと比べるとほぼ同じもの、メニューが1種類少ないようです。お弁当とはいえ、機内で食べる食事は美味しく感じるものです。

f:id:rail-miler:20210707165808j:plain

f:id:rail-miler:20210707170118j:plain

緊急事態宣言中で空港のラウンジではアルコールの提供が中止されていましたが、機内では普通に頂けました。(お菓子がラウンジと同じものに変更された?)

 

f:id:rail-miler:20210707170037j:plain

新千歳空港へ到着。乗るときも降りるときも飛行機の写真を上手く撮れる場所ではありませんでした。

f:id:rail-miler:20210707171911j:plain

 短い時間でしたが国際線機材に搭乗して機内食を食べてちょっとだけ国際線気分を味わえました。夫婦で乗るならフルフラットの個室風のビジネスクラスよりも並んで座れるこういう座席のほうが楽しいかと思います。

皆さまも「78M」の便を狙って国際線機材の旅を体験してみてはいかがでしょうか?