B767の国際線機材に搭乗(新千歳→羽田)

プレミアムクラスのない763?

呑み鉄たこちゃんは千歳→羽田のANAに搭乗する際、仕事が終わってから便利な時間帯である金曜日18:30以降の便を予約しようとしましたが、どの便も空席はあるのですが「密」な状態で真ん中の席しか空いていない・・・

夫婦で相席なしで座れそうな便を探して次々に遅い便を見ていくと・・・

千歳21:20→羽田23:00の便は機種が「763」と表示され、プレミアムクラスの販売がありません。これは国際線機材!

f:id:rail-miler:20211227143908j:plain

(出典:ANA)

試しに予約してみたら前方は2-1-2列の配置でビジネスクラスの席が普通席として開放されていました。わざわざ乗りにいく程の国際線機材ではありませんが、乗る用事があるなら乗り得なので即予約しました。

ちなみに前方のビジネスクラスの席はステータス会員以外の人は指定できないようです。下のスクショは同じ便を平会員(呑み鉄たこちゃん妻)でログインした場合のシートマップです。

f:id:rail-miler:20211227143842j:plain

(出典:ANA)

乗った座席はこちら!

f:id:rail-miler:20211214092514j:plain

少し前にB787のプレミアムクラスとして乗った座席と同じですが、今回は料金がかからず、普通席として乗ったのでお得感が一杯です。当然ですが機内食やお酒などのサービスはありません。座席を満喫するには飲食サービスなしの方がいいかも?

B787の国際線機材(78M)では国内線でプレミアムクラスとして販売されますが、B767では普通席として開放されています。プレミアムクラスとして販売した方が儲かりそうな気もしますが、何か販売できない事情があるのかも知れません。

f:id:rail-miler:20211214092521j:plain
f:id:rail-miler:20211214092517j:plain

前の席に手が届かない余裕の広さはさすが国際線機材です。国内線仕様機材のプレミアムクラスより圧倒的に広い!

後方のエコノミークラスは気の毒なほどガラガラでした。わずか20分早く出るAIRDO共同運航便はかなりの搭乗率でしたが、ちょっとだけ遅くしたらガラガラ&国際線機材で得した気分でした。ガラガラなエコノミーとほぼ一杯になるであろうビジネスでどっちがいいか少し迷いましたが、夫婦2人で相席なしでビジネスクラスに座れるなら・・・と考えました。もし出張等で1人で乗る場合ならビジネス中央の1人席でなく、相席になるならガラガラな後方エコノミーを選んだと思います。

 

降機の時、後ろを振り返って人が入らないように撮影していたら乗務員の方から「飛行機がお好きなんですか?」と飛行機の絵葉書を頂きました。

f:id:rail-miler:20211214092524j:plain

羽田着が23時とかなり遅くなりましたが、混雑する便に乗るよりはるかに快適に移動できました。この日は羽田近くのホテルに宿泊したので遅い便でも大丈夫でした。 

コロナ禍で国際線機材に搭乗できる機会が増えています。皆さまも時間の都合が許せば国際線機材を選んで搭乗してはいかがでしょうか?飛行機に興味がなくてもきっといつもと違ったフライトが思い出に残ると思いますよ。

 

関連記事はこちら

www.rail-miler.site