【緊急事態宣言】ANAあんしん変更キャンペーンを活用しよう【キャンセル】

1/7 22:45追記

ANAから2月7日搭乗分までの払戻手数料、取消手数料免除の発表がありました!

www.ana.co.jp

 

f:id:rail-miler:20200404170408j:plain

ガラガラな機内がまた?

緊急事態宣言が再発令

コロナ感染者増加により緊急事態宣言が発令されるそうです。GoToトラベルも停止となるようで、ネット上ではホテルと航空券を別々に予約した人たちの「悲鳴」が見受けられます。ANAのSUPER VALUE系の格安運賃で航空券を取った人達がキャンセル料の高さに困惑しています。

航空券とホテルがセットになったパック商品はキャンセル料が国から補償されるようですが、航空券だけ買った場合は補償がありません。そのままキャンセルすると出発13日以内だったら取消手数料と払戻手数料が60%プラス440円かかります。これは痛すぎます!

でもこんな状況で旅行は・・・と言って慌ててキャンセルする前にちょっとだけ落ち着いてください。

this.kiji.is

 

航空会社から特別対応があるかも?

昨年の緊急事態宣言時は航空会社からキャンセル無料、30日以内の便へ変更可能という「神対応」がありました。今回はまだ何も発表されていませんが、同様の救済措置があるかも知れません。搭乗予定日の13日を切っていたら今キャンセルしても出発当日にキャンセルしても同じなのでしばらく様子を見てください。

呑み鉄たこちゃんの予想ですが、昨年はいわゆる「修行僧」と呼ばれる航空会社上級会員を目指して搭乗を繰り返す人達が変更を活用しまくっていたため、今回もあるとしたらキャンセル無料だけ(変更不可)になると予想しています。

 

あんしん変更キャンペーンを活用しよう!

ANAでは「あんしん変更キャンペーン」を行っています。これは本来は変更できないVALUEやSUPER VALUE系の運賃でも差額精算で変更可能というものです。

詳しいルールはこちら

www.ana.co.jp

呑み鉄たこちゃんは慌ててキャンセルせずに、一旦3月に変更して少し検討することをおススメします。

たとえば・・・

ある日の伊丹→千歳 6330円というお得な運賃で買ったのに、キャンセルすると3570円しか戻りません。これは辛い!

f:id:rail-miler:20210106080807j:plain

(出典:ANA)

ANAのあんしん変更キャンペーンは3月31日までの便へ何度でも変更可能です。

区間の変更OK!

SUPER VALUE28→VALUE3のようにVALUE系の異なる運賃へ変更OK!

f:id:rail-miler:20210106082151j:plain

(出典:ANA)

差額調整600円払って3月のSUPER VALUE75に変更できました!

 

このような変更が何度でも可能なので、今は旅行は自粛しようと考えても春には・・・という「様子見」の使い方ができますね。とりあえずどこか適当な日に変更しておき、行けそうな日が決まってから再度変更してもOKです。

 

変更後にやっぱりキャンセルしたい・・・という場合は

新たに変更した先の運賃ルールでキャンセル料が計算されます。

やはり旅行は自粛しようと、変更したSUPER VALUE75をキャンセルする場合は新たに変更した後の搭乗日と解約日によってANAの定めた取消手数料と払戻手数料がかかります。

f:id:rail-miler:20210106083405j:plain

(出典:ANA)

14日以上先の予約(出発)なら早くキャンセルした方が手数料は安くすみます。

「様子見」で先送りに変更した場合でも、キャンセルするなら早い機会のキャンセルがお得です。

 

変更した便が悪天候の特別対応に当たればラッキー?

大雪などの悪天候で運航が乱れそうなときはキャンセル無料、変更可能の特別対応が行われることがあります。「あんしん変更キャンペーン」で変更した便が特別対応の対象となれば全額返金となります。悪天候を予想して変更するのもありだと思います。

f:id:rail-miler:20201230142023j:plain

(出典:ANA)

JALは440円でキャンセル可能

一方、JALは先得や特便などの本来変更できない&高額なキャンセル料がかかる運賃でも440円でキャンセルできます。これなら気軽にキャンセルできると思います。(JALの対応はネット上では概ね好評なようです。)

 

まとめ、航空券のキャンセルは落ち着いて!

緊急事態宣言で旅行に行きにくい雰囲気になると思いますが、高額なキャンセル料がかかると判断が苦しいと思います。すぐにキャンセルするのではなく、落ち着いて一旦変更して旅行の日程を再検討、それでもダメなら諦めてキャンセルすることをおススメします。