新千歳空港欠航!北海道脱出大作戦①<飛行機&鉄道編>

f:id:rail-miler:20191120153631j:plain

12月に入って寒くなってきましたが、北海道に住んでいると必ずあるのが大雪、暴風雪。北海道の空の玄関、新千歳空港で多数の欠航が生じ多くの人が空港ロビーで一夜を明かすというニュースがひと冬に何度か流れ、飛行機マニアはこれを「雪祭り」と呼んでいます。そんな時、欠航が決まって茫然とするのではなく迅速に行動するか否かで空港ロビー泊になるか、何とか目的地へ移動できるかの運命が大きく変わります。北海道に住んでいる呑み鉄たこちゃんの視点でいかにして新千歳空港から脱出するかのコツをお伝えしようと思います。

mainichi.jp

 

基本!そういう日にできるだけ飛行機を利用しない

最近は悪天候で影響が予想される場合は前日や前々日ぐらいから航空会社側からメール連絡して自主的な変更やキャンセルを促しています。大手航空会社では本来は変更できない&キャンセル料の高い格安航空券でも特別対応(便の変更、キャンセル無料)を行ってくれます。そのような日に、不要不急の飛行機利用を控えることが「雪祭り」回避の鉄則です。

 

欠航になるか?早めの情報収集!

予約便が欠航決定となれば航空会社からメールが来ますが、運航情報をこまめにチェックしていち早く欠航情報を入手するように努めましょう。メールが来るよりも先に欠航を察知できたら、人よりも早く振替ができるので有利です。既に空港にいる場合でも、空港での放送や電光掲示と並行してスマホでの情報収取が大事です。

www.ana.co.jp

 

www.jal.co.jp

 

予約便の欠航が決まったら!

・近い時間に天候の回復が見込めて、飛行機での北海道脱出が可能と予想できる場合、欠航がわかったらすぐにご自身の携帯、スマホで予約変更しましょう。カウンターに並ぶよりも自身で操作したほうが早いです。カウンターに並んでいる間に早く搭乗できる便は埋まってしまいます。

・希望の目的地が満席でも近隣の空港行きが空いているなら、地上の交通費自己負担に了承すれば振替えしてもらえる場合があります。(羽田行が満席だが仙台行なら空いている等)区間の変更は携帯、スマホではできません。空港カウンターか電話での対応になります。

・空席状況は刻一刻と変化するのでたとえ満席でも諦めずに何度もスマホで検索しましょう。

 

空港での空席待ち、知っておくべきこと!

・振替しようにも延々と「満席」が続いている場合があります。満席の大型機が1便欠航になっただけで後続便が何便も満席になります。呑み鉄たこちゃんの大雑把な感覚ですが、午後から終日欠航とか夕方から終日欠航のような場合、行き先や時期にもよりますが翌日はほぼ満席続きになる場合が多いと思います。振替できるのは「あさって」という場合も珍しくありません。

・このような場合、空港で整理券をもらって「空席待ち」をすることになります。

・日本航空や全日空はマイレージの空席待ちは上級会員優先なので、ステータスのない一般の人はとても不利なんです。仮に空港ロビーに泊まって朝一から並んで「空席待ち整理券」をもらって待っていても後から来た上級会員が優先されます。

・ステータスがない場合はかなり後回しになる覚悟が必要です。

(日本航空は沖縄で台風時の特別空席待ちは別ルールです。)

 

www.jal.co.jp

 www.ana.co.jp

 

終日欠航決定!又は今日は全便満席!さあ、どうする?

・翌日の便への振替ができて、天候の回復が見込める場合は翌日の便まで待つことになりますが、宿泊が必要になります。すでに空港内の温泉施設や札幌、千歳周辺のホテルはほぼ一杯になっていると思われます。

・ホテルを探す場合、スマホで検索してもダメな場合でもホテルへ電話すると空いている場合もあります。ただし、ネットでの割引等がなく、正規の料金で割高になる場合がほとんどです。ホテルとしてもわざわざネットで安く売らなくても正規料金で泊まってくれた方がありがたいわけです。

・ホテルが取れない場合は空港ロビーが朝まで開放され、毛布等が支給されます。空港ロビー泊が嫌なら苫小牧や室蘭方面のホテルも検討してみてください。

※今年はコロナ禍でホテルが取りやすいと思います。

f:id:rail-miler:20201204114254j:plain

 

当日中の搭乗か宿泊が無理なら他の交通機関を検討しましょう!

・悪天候で終日欠航が決定したり、除雪しながら便数を間引いて運航されていても全便満席のような場合、いつ乗れるかわからない飛行機を待つより、呑み鉄たこちゃんは他の交通機関での脱出を検討することをおススメします。

・他の交通機関を使う場合はお金がかかります!お金をかけたくない場合は元の航空券からの振替と空港ロビー泊まりを覚悟するしかありません。

・悪天候で欠航となり他の交通機関を利用する場合は航空券は全額払い戻しとなります。手続きは後日、ネットでできますので空港でカウンターに並ぶ必要は一切ありません。並んでいる暇があるなら次の行動に移ることが重要です。

・旭川空港の就航率が高いのは、便数が少ないので除雪体制に余裕があるだけで、新千歳空港の除雪が劣っている訳ではありません。新千歳空港に大きな影響が出ているような悪天候の日に旭川方面へ移動するのは困難な場合が多く旭川への移動は慎重な判断が必要です。 

 

鉄道で脱出する場合

f:id:rail-miler:20201128093833j:plain

・東京方面へ帰りたい場合を想定して鉄道利用の場合の乗継例を紹介します。

・東京へ当日中に到着する接続がこちら(YAHOO!JAPANより引用) f:id:rail-miler:20201127162528j:plain

・夜行列車は運行されていません。

・新千歳空港が閉鎖になっているような場合は道内の鉄道にも影響がある場合が多く、新函館北斗で新幹線へ接続できない場合があるので要注意です。

・こういう場合、同じことを考える人たちで通路やデッキまで一杯になり、苦痛な移動となる場合が多いです。

・鉄道で移動することを決断したら、とにかく指定席を押さえることです。JR東日本のインターネット予約「えきねっと」を利用すればスマホから列車の指定席が予約できます。新千歳空港駅のみどりの窓口へ走るよりも「えきねっと」で予約です。JR東日本と北海道完結の列車なら発車6分前まで何度でも変更自由、キャンセルしてもわずか320円で済むので、悪天候が予想され、もしかしたら鉄道で移動かも?という段階で早めに抑えておくのもアリです。

www.eki-net.com

 

飛行機をあきらめて鉄道で移動する場合は意外に高く、時間がかかり、快適ではありません。しかも当日中に東京へ着くためには昼過ぎに決断が必要で、それ以降は新函館や仙台等、途中で宿泊が必要になります。昼過ぎに決断するのはなかなか難しいですよね?

 

そこで呑み鉄たこちゃんはフェリーでの脱出をおススメします。

 次回はフェリーによる脱出方法を解説します。

 

www.rail-miler.site