完全個室フェリー「おれんじ おおさか」乗船記 大阪南港→東予港③ パブリックスペース紹介

豪華なパブリックスペース紹介

大阪と愛媛県東予港を結ぶオレンジフェリー「おれんじ おおさか」のパブリックスペースは8時間の夜行便とは思えないほど充実していました。

・スカイラウンジ

f:id:rail-miler:20201006162414j:plain
f:id:rail-miler:20201006162430j:plain
おれんじ おおさか スカイラウンジ

最上階にはスカイラウンジがあり、部屋がシングルでもゆっくりソファーに座ってくつろげる場所がたくさんあります。夜間のみの航海なのが勿体ないです。明るい時間帯にゆっくり過ごしてみたいと思わせる空間です。

他のフェリー会社の新造船でわざと座りにくい椅子を配置してできるだけロビーに座らせないように意図しているフェリーもありましたが、本船は船客にゆっくり寛いで欲しいという気持ちが伝わります。

 

・ラウンジ

f:id:rail-miler:20201006162941j:plain
f:id:rail-miler:20201006163007j:plain
おれんじ おおさか ラウンジ

船の前方にはロイヤル、スイート限定のラウンジがあります。他クラスの船客が無断侵入できないように施錠されており、ルームキーで開錠して入るようになっています。

夜間の航海で窓はブラインドで閉ざされており、前方が見える訳でもなく、航空会社ラウンジのようにドリンクが無料という訳でもなく、寝るだけの夜行便なので上等級の船客は部屋の方が快適だと思われ、無理になくてもいいような気がしました。

 

・浴室、シャワールーム

f:id:rail-miler:20201006163705j:plain
f:id:rail-miler:20201006163723j:plain
おれんじ おおさか 浴室

「スイート」の部屋にシャワーはありませんが共同の大浴場とシャワールームが完備しています。(浴室は利用していません、のぞいてみただけです。)

f:id:rail-miler:20201006163955j:plain

おれんじ おおさか シャワールーム

呑み鉄たこちゃんはシャワールームを下船前に使いましたが、脱衣場から施錠できて写真のベンチのある所で着替え、奥のシャワーを使う感じです。余裕あるつくりで無料のシャワールームとしては文句のつけどころがありません。

「スイート」の紹介で部屋にシャワー、トイレがないことが残念と書きました。部屋に付いていなくても共用の浴室とシャワーがあるからいいでしょ!という事なのかも知れません。でも、早朝下船で朝の忙しい時に部屋にシャワーがある方が快適なんですよね。あと、女性は部屋の外でトイレや入浴は避けたい・・・ってこともあるじゃないですか。そういうニーズにも応えることができるビジネスホテルのような個室が、こんな立派なフェリーに設置されていないのが残念だなと思った訳です。

 

・自動販売機コーナー

f:id:rail-miler:20201006165035j:plain
f:id:rail-miler:20201006165053j:plain
おれんじ おおさか 自動販売機コーナー

フロントの裏側にソフトドリンク、お菓子、洗面用具、挽きたてコーヒーの自動販売機と貴重品を預けるロッカーがあります。

本船には売店がなく、自動販売機のみなので、船内での買い物は期待できません。

また、アルコール類の自動販売機は設置されておらず、レストランが閉店したら買えなくなるので注意が必要です。

 

・マッサージチェア

f:id:rail-miler:20201006170559j:plain

おれんじ おおさか マッサージチェア

マッサージコーナーの電源コードとコンセントの位置関係が微妙だったのでパチリ。

前に「おれんじ えひめ」に乗ったときはマッサージチェアの向きは逆だったはずですが???

 

・記念写真コーナー

f:id:rail-miler:20201006170845j:plain

おれんじ おおさか 記念写真コーナー

フェリーの写真と船名入り救命浮環で記念写真を撮る微妙なスペースがありました。

 

次回はレストランを紹介します。

完全個室フェリー「おれんじ おおさか」乗船記 大阪南港→東予港④へ続く