完全個室フェリー「おれんじ おおさか」乗船記 大阪南港→東予港② シングル、DXシングルは?

旧2等寝台のシングルは本当に個室?

他の部屋もちょっと見ることができたので紹介します。

最もリーズナブルな「シングル」です。

f:id:rail-miler:20201006115851j:plain

おれんじ おおさか シングル

本当にベッドだけの空間ですが、最低限のプライバシーが確保できます。個室なんでしょうけど、完全な個室というより簡易個室といった感じでしょうか?

室内にコンセントがあり充電も安心です。共用のスリッパがあり、上級席のものと色分けされています。(上級は紺色、シングルは茶色)

大切な注意点として、個室の鍵は中からしか掛けることができず、部屋から外出するときに施錠ができません。部屋から出る際は大部屋、相部屋の場合よりも盗難のリスクが高いので注意が必要です。その点は何度も放送していました。

船体の内側に位置するため窓がなく、携帯電話の電波はほとんど使えないと思います。

運賃は乗船日によって変動がありますが、2020年10月現在で6600~7600円です。似たような区間を走る大阪~今治間の夜行バスが5300円なので、狭いとはいえ個室で横になって移動できるのでコストパフォーマンスは良いと思います。

 この部屋を2段ベッドにしたシングルプラスという部屋もあります。1人当たりの面積を考えたらシングルプラスは損な気がします。

 

デラックスシングルは旧1等

デラックスシングルの部屋の扉を開放してモデルルームのように見学できるようになっていました。アピールして船内で追加料金を払って変更したいという気持ちになるかも知れませんね。

f:id:rail-miler:20201006120900j:plain

おれんじ おおさか デラックスシングル①

f:id:rail-miler:20201006121042j:plain

おれんじ おおさか デラックスシングル②

デラックスシングルは1人部屋でテレビ、洗面台があり、49室も用意されています。シングルでは貸してもらえないルームキーも貸してもらえます。1人用個室は窓なし内側になるフェリーが多いのですが、この部屋は窓もあるので携帯電話の電波も入りやすいと思います。シングルからの追加料金が1600~1900円。1人で乗るにはコストパフォーマンスが良いと思います。

 

「スイート」に関してはあまり良い印象がありませんでしたが、「シングル」「デラックスシングル」に関しては外から見た感じですが、交通機関の個室としては大変コストパフォーマンスが良いと思います。

 

ファミリー、グループ向けの部屋がほとんどない!

本船の残念な点として、客室構成が1人部屋主体で、グループやファミリー向けの部屋がほとんど存在しません。シングル、シングルデラックスは1人部屋。シングルプラスとスイート、ロイヤルは2人部屋です。スイートの和室仕様に限って4人まで利用できますが。5部屋しかありません。ネットで検索しても、この点へ利用者の不満が多いように感じます。

オレンジフェリーとしては年間を通じて利用者の客層や人数を分析して、ほとんどが1人か2人で乗船する、グループやファミリーは夏休みや大型連休などごく一部の期間に限られるという結果に対して新造船を設計したのだと想像します。前船(おれんじ7&8)では4人部屋の上級個室が多く、相部屋が発生したり、無駄になる席(ベッド)が多かったので、少人数の個室を増やした方が良い!という戦略なのだと思います。寝台特急サンライズのようなコンセプトなのだと。

本船にもっと4人部屋をという声は「ビジネスホテルにもツインや和室、スイートを!」というような的外れな意見なのかも知れませんが、2人でも4人でも使える部屋を設置する等、もう少し何とかならなかったのか?というのが率直な意見です。

f:id:rail-miler:20201006123401j:plain

おれんじ おおさか 幅の広い通路

 

完全個室フェリー「おれんじ おおさか」 乗船記 大阪南港→東予港③へ続く