野母商船「太古」上り昼便ツイン個室乗船記 福江港→博多港①

f:id:rail-miler:20200721200154j:plain

野母商船 「太古」 福江港

福江のホテルで1泊し、朝10時10分発、博多行きのフェリー、野母商船(のもしょうせんと読みます。)「太古」に乗船しました。

「太古」は1596トンと、小型の離島航路フェリーながら、とても豪華なフェリーとして有名で、博多から五島へ向かう下り便は深夜出港して現地に朝到着する利便性の高い夜行便、折り返しの上り便は昼間の島々の景色を眺めながらの航海を楽しめます。

今回は上りの昼便を利用しました。

www.nomo.co.jp

f:id:rail-miler:20200722104002j:plain

「太古」航路図(野母商船HPより)

福江港ターミナルは売店が充実

f:id:rail-miler:20200721205314j:plain
f:id:rail-miler:20200721205411j:plain
福江港ターミナルと売店

福江港のターミナルは売店や食堂、うどん屋さんなど、離島のターミナルとしては立派すぎるものでした。売店でもお弁当やビール等の販売はありましたが、呑み鉄たこちゃんは近所のスーパーでお惣菜と弁当を買って乗船しました。離島へ行ったときはスーパーを見るのが楽しみだったりします。開店直後だったのでまだ商品が少なかったですが、お惣菜コーナーの皿うどんが美味しかったです。

エレナFC福江店│店舗・チラシ情報│長崎・佐賀のスーパーマーケットエレナ

ビールは多少割高かも知れませんが、冷蔵庫のない部屋を利用するので船内で買うことにしました。

すぐ近くにドラッグストアーがあり、マスクや消毒液が豊富に揃っていたりしました。

 

上り便の個室使用料は半額!野母商船「太古」

予約方法に関してはインターネット予約が可能ですが、予約後1週間以内の購入期限があるようなので、乗船日1週間を切ってから電話予約したら、事前の購入や入金は必要なく、当日窓口で予約番号を伝えて購入できました。購入や入金なしの方がリスクが低いのですが、下りの夜行便の場合は早めに予約したほうがいいかも知れません。離島航路、特に島から乗船する場合は現金のみという場合が見受けられますが、ここでは普通にクレジットカードが使えました。乗船開始は出港10分前の10時からとややギリギリな感じでしたが乗客が少ないので十分でした。

利用したのは「ツイン」という名称の個室です。

f:id:rail-miler:20200721210856j:plain
f:id:rail-miler:20200721210914j:plain
野母商船「太古」ツイン

ツインのお部屋は2人定員。名前はツインなのですが、ベッドのツインルームではなく畳敷き風かカーペット敷きのお部屋にマットを敷いて寝る個室です。寝具はマット、枕、毛布、シーツ1枚、枕カバーが2セット用意されていました。室内にはテレビがあり、テレビの下の戸棚を開けると小さなちゃぶ台が収納されていました。玄関の部分にはスリッパやごみ箱、ティッシュ、船内や景色を紹介したクリアファイルがありました。また、空調管理が個室で自由に設定できるのはポイント高かったです。2人で寝具を広げてテーブルを置くと一杯な感じで、はっきり言って「狭い!」のですが離島航路のフェリーで最小限のプライバシーを確保できる個室としてとてもよくできていると感心しました。 

f:id:rail-miler:20200728092635j:plain
f:id:rail-miler:20200728092742j:plain
太古 ツイン 室内設備

f:id:rail-miler:20200728095253j:plain

太古ツイン ちゃぶ台

ツインには今回利用した畳敷き風のお部屋の他、カーペット敷きのお部屋があります。呑み鉄たこちゃんは畳敷き風の方が消毒などの自己清掃がしやすいと考えて船内で船員さんに希望したところ、大変気持ちよく対応して頂きました。電話やネット等、予約段階での部屋指定はできないとの事です。

f:id:rail-miler:20200724154354j:plain

「太古」ツイン カーペット敷きの部屋

野母商船の運賃、料金は少し特徴的で、乗船券だけだとスタンダード(大部屋のいわゆる2等船室)に乗船でき、個室券を別に買って個室を利用します。鉄道の乗車券、グリーン券のような感覚だと思います。福江→博多の乗船券が1人4930円、個室券がツインで1部屋2600円追加になります。個室券は1人で利用しても2人で利用しても同額です。野母商船HPによれば定員以上で入室も可だが寝具は定員分しか用意しないとの事。個室券は博多発の下り便と福江発の上り便では値段が異なり、下りだとツインの場合5200円の個室券が上りだと2600円となり半額で済むのです。下りの夜行便のほうが個室ニーズが高いから故の価格設定だとは思いますが、約8時間の航海時間の個室料としては破格の安さだと思います。

個室の他にグリーン寝台が1人2200円、グリーン和室が1人1500円追加で販売されていますが、こちらは上り便でも同額です。上り便だったらツインの個室のお得感が際立ちます。グリーン寝台1人分の値段にプラスαで鍵付きの個室を利用できますから。 

f:id:rail-miler:20200721212336j:plain

野母商船「太古」乗船券とルームキー

 お部屋をチェックしていたらすぐに福江出港です。次回は船内設備を紹介します。