ANA1181便 富山→札幌/千歳 5000円でお得にプレミアムクラス!

富山の観光列車の旅を楽しんだあとは飛行機で北海道へ帰るわけですが、通常飛行機はそこそこ利用する機会があるので珍しいわけではないのですが、今回はちょっとだけお伝えしたいので書いてみました。

それはプレミアムクラスの利用です。航空券の原券は特典航空券の普通席。マイルの無料航空券で、Lシーズンで片道6000マイルです。(Rシーズンが7500マイル必要なのでこれでもお得です。)国内線の特典航空券ではプレミアムクラスでの発券はできないのですが、搭乗前々日からANAマイレージクラブ会員限定で別に定める料金を払えば、航空券の運賃は問わずにアップグレードすることができます。

その金額なのですが、例えば札幌起点で比較すると

東京・名古屋・大阪・福岡・那覇は14000円

静岡・岡山・広島は7000円

富山・小松は5000円

釧路は3000円

(前々日~前日までにアップグレードした場合の値段。当日は1000円アップ)

となっています。考え方としてはビジネス利用の多い、大都市を結ぶ路線は高額に、地方路線は距離に応じてって感じです。羽田よりも小松や広島が大幅に安いという・・・、まあ仕方ないですね。昨年までは当日空港でのアップグレード一律9000円だったのですが、路線によって値段が変わるようになり前々日からアップグレードできるようになりました。改善なのか、改悪なのかは微妙?

詳しくは↓

ANAマイレージクラブ会員限定 普通席からプレミアムクラスへのアップグレードが搭乗2日前から可能に!|ANA

 今回利用した富山→札幌線は5000円でアップグレードできます。時刻表上の所要時間は1時間30分。羽田→札幌は1時間30~35分で14000円なので乗る時間に対してのコストパフォーマンスとしてはとてもお得であると思います。まあ、羽田→札幌で利用した場合は機内の食事が少しよかったりANAラウンジが利用できたりと多少のサービス差はありますが、それを考慮してもお得だと思います。 

アップグレード手続きできるのは前々日の午前0時から。B737-800はプレミアムクラスが8席なのですが、1席しか売れてなかったので余裕で夫婦2人並び席でアップグレードできました!

羽田から乗る場合はプレミアムクラスだと優先検査場やANAラウンジ利用等の特典が使えますが、富山空港にはそんなものはないのですが、カードラウンジはあるし、同じ時間帯に出発する便はなく、スムーズに入れたので特に不自由はしませんでした。

機内ではお弁当が出て、ビールやワインも飲めます。ゆったりとした広い席で食事とお酒を楽しみながらのフライトはとても快適でした。

f:id:rail-miler:20191211090946j:plain

機内で出たお弁当

f:id:rail-miler:20191211091021j:plain

雲の上に立山連峰

 混んでいる普通席でのフライトは苦痛ですが、プレミアムクラスでのフライトは快適そのものであっという間に新千歳空港に到着しました。

札幌起点で考えると特に小松と富山が5000円でお得感を感じます。広島と岡山は7000円ですが所要時間が2時間以上あるので機会があれば利用したいですね。(羽田や大阪は高いのでアップグレードポイントでしか利用しません。)

皆さまもお得な路線でプレミアムクラスのフライトを楽しんでみてはいかがでしょうか?